EMILY

OPORP EMILY collection「PARKS」

DSC09104

DSC09089

tumblr_o3k45f7Gja1tet7qfo1_1280

type1

OPORP EMILY 1

type2

OPORP EMILY 2

 

type3

OPORP EMILY 3

type4

OPORP EMILY 4

 

OPORP EMILY 50□18-140 / titanium ¥35.000(+tax)collection「PARKS」

2009年に発表された PROPO DESIGN 社 のハイエンドライン。コンセプト、テーマは共通ながら、チタンフレームを中心に展開し、快適な掛け心地を実現する独自に開発したテンプル機構がブランドアイコン。 「propo」はファッションを基準にコーディネイトという概念からデザインされる事に対し、「OPORP」は機能面からのアプローチによるデザインを行う事から「propo」を真逆にした「OPORP」というブランド名となっている。

tumblr_o4abi4szB81tet7qfo1_1280

 

 

プロポデザインについて

名前は、デザインを提案するプロポーズデザインを由来とします。デザインスタイルは「いきすぎないデザイン」。提案する製品はシンプルを基本としており、安易に分かりやすいデザインに走る事はありません。私達が考える眼鏡デザインとは、眼鏡そのもので成り立つものではなく、装着した際に、初めて完成するものが眼鏡デザインなのです。本来の眼鏡デザインとは、かける方の顔を生かすものであるべきと考えています。決して、飾り立てる事が良いとは思いません。言い換えれば、「いきすぎないデザイン」とは自己満足的な眼鏡デザインに完結する事ではなく、お客様が装着された事を考えた上で、「ちょうど良い事」なのです。

 

プロポデザインのモノヅクリ

製品は、シンプルでシルエットを重視する為に、とても高度な技術を必要とします。意外に思われるかもしれませんが、シンプルであるという事は、ごまかしが効かないという事です。すべての工程に細心の注意を持ってあたらないと、たちまち安っぽいものに仕上がります。特に、全体的にエッジの効いた仕上げにこだわる私達の製品は、鯖江 の中でも異色の存在。良い意味で発展してきた、「ごまかしの技術」が全く通用しない世界でモノヅクリを行なっています。その為、私達の製品を製造できる工 場はわずか。少量しか生産できない理由もここにあります。又、安定したクオリティ、適正プライスを守る為、マシンメイドとハンドメイドの良い部分を組み合わせた、独自の製造ノウハウを構築していますが、やはり、仕上げは職人の手作業に頼らざるをえません。その事から、日本・鯖江生産にこだわっています。シンプルであるという事は、最高の技術を注ぎ込まねば成り立たないものなのです。

 

 

保存

保存

2016/07/11

  • 2017年6月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 最近の投稿

  • コレクション

  • アーカイブ